×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


歌詞

歌舞伎町二番街

銀座の夜に男と女は

一番大切な人

HotelLove

恋の花咲くアパートで

銀座で素敵な恋をした

話にならないわ






























歌舞伎町二番街
作詞・作曲/ヤマモト カオリ

ギラギラギラギラ くらくらするネオン 
キャッチのかわし方にも慣れたもの

不規則で乱れた生活 肌荒れ必死に隠して
めかし込むのも疲れたわ 面倒くさい客ばかり
でも がんばらなくちゃね 今夜もあなた来てくれるかしら?

風鈴会館のすぐ傍の 小さなスナック 
ここは 歌舞伎町二番街


ダメダメダメダメ ツタナイ日本語で
  裾をつかんで ひきとめる 帰っちゃダメ

走ったって間に合わないわ もう終電は終わったの
タクシーは割高だからやめておきなさい
どうせ仕事で東京に来てんだから 一晩くらいいいじゃない

ねぇ あなたの好きにしていいのよ 小さなモーテル
ここは 歌舞伎町二番街


だから今夜だけ 今夜だけ アタシと一つになりましょうよ
求めあう二人に嘘はなかった ベトつく罪悪感だけのこして
だから今夜だけ 今夜だけ アタシと一つになりましょうよ
許されない愛に火がついた エモーショナルな秘密の夜


ユラユラユラユラ 破廉恥な心
今夜も一緒に居てくれるんでしょ?

甘えられるとNOと言えない真面目な優しいひと
あなたと日本でくらしたいわ
だけど あなたは大切な家族をもっているんだもの

さっさとアタシを忘れることね 小さな空言 
ここは 歌舞伎町二番街


ルルルルルルルル ポケベルが鳴り響く
ごめんなさいね、奥さんには悪いけど
アタシは浮気相手じゃないのよ 
お互い 本気で愛し合ってんだから 邪魔しないで

2011/06

PAGE TOP↑









銀座の夜に男と女は
作詞/作曲 田中宏明

♡女なら誰でもいいんでしょ ♤お前だから誘ったんだよ
♡誰にでもついてゆくような軽い女じゃないのよ

♤誰のものにもならない ♡誰のものでもないわ
♤それでも誰かを待っている ♤♡銀座の女

♡銀座の歴史は夜 ♤夜の歴史は女
♡男と女の歴史は夜つくられる

♡ ホステスに憧れて ♤なる人は少ないさ
♡ それでも男と ♤この日本の経済を
♤♡支えているのは銀座の女

♤誰にでもついていくのかい ♡あなただからついていったのよ
♤ホステスとお客さんだって ♡所詮男と女ね

♤♡ボトルには二人だけのメモリー  ♡今も忘れない♤おまえだけ
♤今夜の出逢い 別れの始まりじゃない  銀座の夜に

♡いつの間にやら夜も ♤更けて足もなくなり
♡男と女はなぜ偶然装う

♡どんなときもあなたの ♤幸せを祈ってる
♡なぜここで出逢って ♤なぜここで乾杯
♡♤理由なんてどうでもいいこと

♡こんな私で本当にいいの? ♤おまえじゃなきゃだめなんだよ
♡今夜はもう一杯だけいただこうかしら
♡こんな私で本当にいいの? ♤おまえじゃなきゃだめなんだよ
♡酔っている振りなんかじゃない ♡♤このまま二人で…

♡♤ボトルには二人だけのメモリー  ♤今も忘れない♡あなただけ
♡♤並木通り明かりに溶けて消えた  
♡♤恋していたのね 銀座の夜に男と女


PAGE TOP↑




















一番大切な人

詞/曲 ヤマモトカオリ

女「もしもし?遅いわね 今どこにいるの?」
男「すまないが今夜は帰りが遅くなる」
女「また遅くなるの?また仕事の付き合いで?」
男「ああ…すまないね 先に寝ていいからね」

女 仕事で疲れてるあなた 男 何も疑おうとしないお前
男女 朝帰りが度々続く

女 まさかあなたが他の女と?疑うなんて私のバカ
男女 一番大切な人だから
男 お前に嘘をついたのは余計な心配されるからで
男女 一番大切な人だから

女 お決まりの 男 充電切れた
女 電話越しの横 男女 笑う女のシャドー

女 もしかして浮気?考えすぎなのかな?
男 帰ればいつもと変わらないお前に胸が痛む
女 悪い女に引っかかってる気がするの
男 浮気はばれないようにするから遊ばせてくれ

女 覚悟して携帯見ても 男 証拠は全部消してあるよ
女 そんなことするのもあなたのため

女  ジェラシー燃やせば燃やすほどに私イヤな女になるわ
男女 一番大切な人だから
男 嘘は嘘のまま壊さない お前との関係だけは
男女 一番大切な人だから

女 お決まりの 男 お前だけだよ
女 真剣な眼差しの奥 男女 笑うあなたのシャドー

女 まさかあなたが他の女と?油断してた私のバカ
男女 一番大切な人だから
男 上手く騙すのもお前を極力傷付けたくないからで
男女 一番大切な人だから
女 やられたらやり返してやりたいけど私にはあなたしかいないの
男女 一番大切な人だから
男 そんなお前がいるから本気の浮気なんてできない
男女 一番大切な人だから




PAGE TOP↑














Hotel Love

詞/曲 田中宏明

女 今日出逢ったばかりの私たちだったのに
男 男女の関係になった 男女 ここはHotel Love
女 そんなつもりじゃなかったの 言い訳だってあるわ
女 偶然なんかじゃない 男 二人が望んだこと

女 誰にも聞かれたくない 男 相談があるから
女 ふたりきりになれる 男女 ラブホテルへ行こう

女 本当に何もしない? 男 本当に何もしないよ
男 ただ恋の相談をしにいくだけだよ
女 だけど結局何も喋らず肩を抱き寄せられ
女 あとは流れのままに朝を迎えよう

女 それから月に一度はあなたとここで会ってる
男 口実なんていらない 男女 ここはHotel Love
男 先月会ったときより 君はきれいになっている
女 解けない心のパズル あなたが埋めた

女 シャワーなんていらないわ 男 決められた手順なんて
女 ドアを閉めた瞬間 男女 熱いキスを交わして…

女 彼女がいるかなんて 男 彼氏がいるかなんて
女 関係ないことね 男 この状況で
男女 今は今しかなくて明日は見知らぬ二人になり
女 また新しい夜に 男 君を誘っている

女 彼からの電話が鳴る 男 僕らは気にもとめず
男女 この時に夢中になっている

男 彼女がいるかなんて 女 彼氏がいるかなんて
女 関係ないことね 男 この状況で
男女 今は今しかなくて明日は見知らぬ二人に戻り
女 また新しい夜に 男 君を誘っている

男「ラブホテルでいい?」 女「おまかせするわ…」
男女「ラブホテルへ行こう」
                 2011


PAGE TOP↑























恋の花咲くアパートで

作詞/鳥養美緒 作曲/田中宏明
女 来月の連休の予定でも立てましょうよ
男 連休ぐらい休ませてくれ そういやバンドの練習だ
女 一ヶ月前や前日だったり急に決まるものなのね
男 バンドやってる連中はみんなきまぐれなのさ

女 そういえば先週のスタジオの日には
ギター忘れていったでしょ
男 そうさ先週から俺がボーカルになったのさ
女 ホント!?

男女 浮気を疑っているわけじゃない
あなたの言動いつもどこかほつれてるの
女 携帯電話を 男 忘れて出掛けた
男女 だけどそれは見ちゃいけない

女 来月の連休は親と田舎へかえるわ
男 またいくのかい?今度はどこの田舎へ帰るの?
女 沖縄と北海道とハワイへ行ってくるわ
男 田舎の数があっていないぜ ホントに親とか?

女 沖縄は親戚のおばさんがいるの ハワイは母親の父親
男 待てよ ならば君はアメリカ人のクォーターかい?
女 ホント!?

男女 浮気の証拠つかんだわけじゃない
あなたの言動いつもどこかほつれているの
女 携帯電話を 男 忘れて出掛けた
男女 だけどそれは見ちゃいけない

女  とにかく今夜は踊りましょう朝まで
男  細かいことは気にせずに 恋の花咲くアパートで
男女 Shall we dance!

男女 浮気をしたかなんてどうでもいい
今こんなに愛し合っているのだから
女  あなたがいれば 
男  おまえがいるなら
男女 私たちは生きていける
女  ふたりの愛は
男  永遠なのさ
男女 恋の花咲くアパートで
                2011年4月17日

PAGE TOP↑

























銀座で素敵な恋をした
      詞/曲 田中宏明

男 仕事帰りに立ち寄った泰明通りの小さなバーで
お金も時間もないけれど一人飲みたい気分だ

男 30過ぎれば出逢いも減りいい女は皆結婚している
そんな男が孤独に酔っても何も始まりはしない

女 「隣に座っていいかしら?今晩は、はじめまして」
男 「どうぞ、隣が空いていてよかったです」

女 「よくこのお店にいらしてるのですか?
ニッカウィスキーが良く似合いますね」
男 「週に一度ぐらい銀座の夜を飲み歩いています。
誰も知らないとこで飲みたい気分なんです」

男 「あなたみたいな素敵な人がどうしてひとりでのんでるのですか?
もしよければ違うお店で二人でカンパイしませんか?」
女 「実はこのあと会社の上司と待ち合わせでいかなきゃいけないの」
男 「そうですかそれなら時間がくるまでこの店で話しましょう」

女 「そうですか 不動産屋さんで働いているのですね」
男 「嗚呼…不景気で困りますね。もし機会があれば…」

女 「今丁度部屋を探そうとしてたの ひとり暮らしすることになるわ」
男 「それなら僕に任せてください。陽のあたる未来をあなたに
男  案内します。嗚呼…もうすぐでなきゃいけない時間ですね」

女 「名刺一枚もらっていいかしら今度必ず連絡しますわ」
男 「お待ちしてます。今度会える日を楽しみにしています。」

男 それから何日経ったって君から連絡が来ることはなかった
それでも素敵な恋をしたなんて情けない俺です。
今日もひとり飲んでいます

                   2011年10月18日

PAGE TOP↑

























話にならないわ
     作詞/ヤマモトカオリ 作曲/田中宏明
女 1度や2度エッチしたぐらいで 自分の女であるみたいに
勘違いするなんて 女心も知らず 
あなたって本当に子供ね 

男 昨日はホントに楽しい夜だった 
また今度お会いしませんか?
女 昨日は私も楽しかったわ でももうあなたには会えないわ

男 そんなこと言わないで 僕たちの未来信じて 
Baby baby…

女 1度や2度エッチしたぐらいで 自分の女であるみたいに
勘違いしないで あなたはもう既に過去に通りすぎた男よ

男  本当にもう二度と 女(本当にもう二度と)
男  君に逢えないの? 女(あなたに会えないわ)
二人 花火のように消えた恋の季節

男 今は別の誰かの腕の中で眠っているの Baby baby…

男 今夜も君に会いたい あの夜が忘れられない
女 はじめてじゃあるまいし話にならないわ  
男 もう一度

女 1度や2度エッチしたぐらいで自分の女であるみたいに
勘違いするなんて 女心も知らず あなたって本当に子供ね
話にならないわ さよなら